imbrium.M


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--:--)--


KANOPO-!


先述のとおり、鎮痛剤でアレルギー反応がでるようになったので、その成分(具体的にはイブプロフェン)を避けた結果。
風邪薬が・・・ほとんどNGになってしまいました・・・(´;ω;`)
※ちゃんとアレルギー検査受けにいってます、結果待ち。

なので、最近は漢方薬にお世話になってます。
まずいDEATH!
葛根湯のあの、舌に残る味が、本当にまずくてまずくて辛抱たまらんのです。
漢方薬って体調にあわないものを服用するとまずく、あうものを服用するとおいしく感じるんだそうですね。
とはよく聞きますが、漢方がうまいとか嘘乙と思ってました。


思ってたんですが。
片頭痛予防薬として「呉茱萸湯」なる漢方を処方されてですね。
Google先生にお伺いをたてるとあらゆるところで「まずい」「苦い」「辛い」「臭い」と評されており、漢方の中でも「特別苦い」「特別飲みにくい」という地位を確立してるような漢方です。
(主薬の呉茱萸が苦くて辛くてにおいが強烈なことが原因だとか。大棗のうまみを全殺しするその威力ゥ!)

はじめはそんな事知らずに服用していたんですが、
辛みと苦みはあるけどまずくはない、まずくないぞ!むしろ、ずっとのんでると癖になる、この風味ィ!白湯に溶かして飲んでもイケるぜ!・・・って思ってました。
あとで調べてあまりに味が酷評されててびっくりしました。
でも、「グレープフルーツの悪い所を濃縮させたような味わい」という評にはなんか納得しました。
そうそうそんな感じ、悪のグレープフルーツって感じ!(呉茱萸って柑橘らしいですね、だからかな?)

とはいえ、呉茱萸湯のおかげで頭痛の頻度が下がったので、
えこ贔屓的ななにかで美味いと思い込んでるんじゃなかろうかとも思ったんですが。
呉茱萸湯と葛根湯を連続して飲んだ時に、葛根湯との味の落差を明確に感じたので、
体の状態によって漢方薬の味の感じ方が変わるっていうのは本当だな、としみじみ思った次第です。
呉茱萸湯まっず!おえ!と言える日が来ると幸せなのでしょう。。。


あと葛根湯について。
自分の中で風邪と言えば葛根湯!というイメージが刷り込まれているせいか、
葛根湯の得意分野と違う症状で登板させてたんだな、と気づきました。ごめんやで。。。
以下備忘。鼻かぜひきやすいので、小青龍湯(なまえちょうかっこいい)試してみたいです。

====================

葛根湯(かっこんとう)
 ひきはじめ、頭痛

小青龍湯(しょうせいりゅうとう)
 鼻水、鼻炎

銀翹散(ぎんぎょうさん)
 のどの痛み、頭痛

柴胡桂枝湯
 吐き気のある風邪、長引く風邪、胃腸炎

五虎湯(ごことう)
 はげしい咳、気管支ぜんそく

麦門冬湯(ばくもんどうとう)
 長引く咳、気管支炎

麻黄湯(まおうとう)
 熱、節々が痛む、鼻風邪

竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)
 長引く熱、咳・痰が多く眠れない

甘草湯(かんぞうとう)
 のどの痛み、しわがれ声

※参考:http://www.k-senka.com/

====================

スポンサーサイト
2016/05/04(13:55)Wed


2016



3年弱ぶりにログイーン
一番はじめの記事が2007年なのですが、もう9年も昔になるんですね。。。

最近あまりカメラなどにも触れていませんが、またぼちぼち散歩再会したいなぁと思っています。
冒頭の写真は今年のお正月の浅草寺。
17歳が人生の折り返しで、そこから体感速度が加速していくといいますが、本当にそうだと思います。
正月?昨日かな?みたいな。。。

去年は体調を崩して長期休暇などとったりしてしまいましたが、今年は健康にすごせるといいなぁ。
(もう上半期が過ぎようとしている・・・まじ・・・?)

more

2016/05/01(09:41)Sun


Shinagawa Suizokukan







フィルムが余ると大体羽田空港か品川水族館に駆けこんでいます。
というわけで品川水族館行ってきました~

KLASSE × Natura1600&PRO400H です。

more

2013/10/06(23:25)Sun


BUNPAKU 2013




文通博覧会、搬出のときに撮らせてもらった写真をようやく現像してきました。
搬出の日は雨が凄くて、服が搾れたことを覚えてます。
上の写真も、地面すごいびしゃびしゃ!

more

2013/10/06(23:17)Sun


HANEDA


羽田空港って、PRO400Hとかで撮ったら青くて綺麗なんじゃないか?
というわけで試してきました。

さいきん、昼過ぎとかにぶらっ~っと羽田いってくんべって一人で出かけることが容易にできるようになりました。
というわけで(?)昼下がりの羽田空港です。
ほんとうはもっと明るいときに試したかったなぁというのがあるので、そのうちリベンジしてこようと思います。



3つのターミナル、全部をいちにちでまわってみて、
個人的に一番たぎるのは第二ターミナルである。
ということが分かりました。

展望ブリッジから見える飛行機の台数が多いとか!
飛行機との距離感がちょうどいいとか!
室内の丸い吹抜けが反則であるとか!

ちなみに、非常に個人的な感想ですが…
ターミナル内が一番フォトジェニックなのは国際線(2階から1階を見下ろしてほしいです。ぜひに。)で、
展望ブリッジの抜け感が一番すぐれているのは第一(ガリバーデッキがひじょうによいです。)だと思います。

もうすこし探検して、撮影スポットを開拓していきたいです。

more

2013/09/03(01:50)Tue



category
memo (63) photo (38) train (2) 

month
2016/05 (2) 2013/10 (2) 2013/09 (1) 2013/08 (1) 2013/06 (1) 2013/04 (1) 2012/12 (3) 2012/11 (1) 2012/09 (2) 2012/07 (2) 2012/02 (1) 2011/10 (1) 2011/09 (1) 2011/08 (2) 2011/06 (2) 2011/05 (3) 2011/04 (1) 2011/03 (1) 2011/02 (1) 2010/09 (2) 2010/08 (1) 2010/07 (1) 2010/05 (5) 2010/04 (2) 2010/03 (1) 2010/02 (2) 2009/12 (1) 2009/11 (2) 2009/09 (1) 2009/08 (3) 2009/07 (4) 2009/06 (1) 2009/01 (1) 2008/11 (2) 2008/09 (1) 2008/07 (2) 2008/06 (6) 2008/05 (2) 2008/04 (2) 2008/03 (7) 2008/02 (4) 2008/01 (8) 2007/12 (6) 2007/11 (7) 

Recent article
KANOPO-! 2016 Shinagawa Suizokukan BUNPAKU 2013 HANEDA 





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。